カテゴリ:カウンセリング記録( 8 )

懸賞 懸賞

ハリネズミだって恋をする

懸賞 2011年 06月 30日 懸賞

今日の大学でのカウンセリングは、
今迄の中で一番色々なことを話せた気がする。。。
少しずつ、慣れて来たのかも知れない。
昨日の熱中症騒ぎも一段落した?らしい

明日は主治医の先生にチェックシートを書いて頂きます…
体力面、精神面の方はチェックがつくだろうけれど、
傾聴や食事介助は出来ると思う。
もちろん、甘く見ているわけではないけれど…。
私は何も出来ない人間ではないということを、絶対証明して見せる…!

…今日はまあまあ良い日でした。
タイトルはみゆきさんの歌の曲名そのままです。
[PR]

by xxxRingxxx | 2011-06-30 20:39 | カウンセリング記録 | Comments(0)

一息吸う間もなく

懸賞 2011年 06月 01日 懸賞

事態が急変して好転した。
介護実習先が変わった。
私の名前も覚えられてしまったという学校
(摂食障害だと99%受け付けない)
から、違う学校に実習に行くことになった。
体験日は11月…。
それまで調子を保てるかが不安だけれど…

『あなたには強運の神様がついてるのよ』
心理士の先生はそうおっしゃっていた。

上手く行けば?あのわけのわからん診断書も出す必要はないかも知れない。
でもチェックシートは必要。
…しかしその前の8月には社会福祉施設でも実習があるが。

あとコースの教職の先生はやっぱり突発性難聴になってしまったようです…。
早く復帰して欲しいです。
ごめんなさい、散文です。。。
[PR]

by xxxRingxxx | 2011-06-01 17:00 | カウンセリング記録 | Comments(4)

私の名を借りた疫病神が

懸賞 2011年 05月 25日 懸賞

…カウンセリングでした。

『あなたを送り出すことは、99%出来ないと思う。
主治医の先生が書いて下さった診断書では良くわからないところがあるので、
6月にもう一度大学側から主治医の先生へチェックシートを渡します』

そう心理士の先生はおっしゃった。

教職の先生もいらしていた。
何だか久しぶりだったけれど、
明るく話そうという雰囲気ではなかったため会釈だけ。
でも補聴器はしていなかったから耳は治ったのかな…

生きていて良いことなんて、本当は何処にもないのではないか?
[PR]

by xxxRingxxx | 2011-05-25 16:43 | カウンセリング記録 | Comments(0)

どんな言葉も届かない

懸賞 2011年 05月 12日 懸賞

来週、教職委員会の先生(恐らくコースの先生)と、
カウンセラーの先生と私で面談があるそうです

精神保健調査書で問題があったのは私だけだったらしい…
しかも今まで学校から送り出せなかった学生はいたけれど、
先方から断られるというのは前例がないということで、
私は完全に落ち込んでいます…

『なんで私は健康になれないんですか…!』
本当に悔しくて泣いていた。
カウンセラーの先生は何も言わなかった。
ずっと俯いたままだった。
だって修学旅行の時だってそう。
学校側から、行かせられないと言われた。
私は人並みに何も出来ないんだ。

そして今の私は、誰がどう見ても
『あの子は病気だ』
と思うとも言われた…。
[PR]

by xxxRingxxx | 2011-05-12 20:32 | カウンセリング記録 | Comments(0)

明日は案外上手く行くだろう

懸賞 2010年 12月 07日 懸賞

カウンセリングでした。

例の話は心理士の先生は寛大に受け止めて下さった。
恐らく電話は再来週になると思うけれど、
『私は喧嘩はしないから安心して良いわよ』
と言って下さった…
『板挟みにしてごめんね』
とも。
ちょっと安心した。。。

――カウンセリングでの別件。

『あなたは好きなアーティストとかいるの?』
…と、私は色々な人に聞かれている気がする。
入院中には看護師さんにも聞かれた。
その時は多分泣いていた私の気持ちを違う方向に向けようとしていたのだと思う。
大抵は沈黙に耐えられなくなった相手方のその場凌ぎの質問だと私は冷めているけれど、
必ず答えるようにしている。
中島みゆきさんです、と。
いつだったかある看護師さんには
『「雪の華」とか良いよね~』
なんて言われて人違いです…とうんざりしたけれど、
心理士の先生は中島美嘉さんでなくみゆきさんだとすぐわかって下さった。

先生は20年程前みゆきさんのコンサートに2度行かれたらしい…
すごい!!
そして『杏村から』がお好きだそう。
先生はみゆきさんの歌と喋りのギャップについて話した。
私はまだ生でみゆきさんの声を聞いたことがないから、
来月がとても楽しみですという話をしていた。
他にも色々話したけれど印象に残ったのはこの話でした


タイトルは『杏村から』より。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-12-07 18:59 | カウンセリング記録 | Comments(2)

優しささえ毒になる

懸賞 2010年 11月 27日 懸賞

カウンセリングの記録も残しておこうと思います

…私は以前地元の心療内科クリニックでもカウンセリングを受けていたことがありました。
まだ今の大学病院に通う前、中学2年生~高校1年生の頃の話。
そこの心理士の先生はかなり優しかった…
優し過ぎて、あなたは何も間違っていないよと私を常に肯定した。
けれど、それが私には駄目だ、このままではいけないとある日思った。
そしてその日から徐々に通うのを止めていきました。
私は、これではこの先生が言うように『私』が一番正しいと思い込んでしまうと思ったから。

今、私は大学でカウンセリングを受けています。
心理士の先生は学長先生の娘さんです。
あの先生は怖いと人伝で聞いていたから、最初アポを取る時は勇気が要った。
でも私にとっては怖くないです。
むしろ、はっきりと意見を言って下さる方が私には良いと思うのです。

ただ…私の主治医の先生とは全く意見が異なる。
主治医は絶対に食事制限や体重を落とす行為はするなと言う。
けれど心理士の先生は、それで私が自信が持ててつらくないのならば、
少しの食事制限と運動等で痩せていきましょうと言う。
そして
『あなたの言っていること(笑われている等)は全て妄想です』
…主治医はそう言うが、心理士の先生は一切『妄想』という言葉は使わない。
私はどちらを信じてゆけば良いのか、時たま混乱する…。

私は治療の面では自分に厳しく当たってくれる人の方が嬉しい。
嬉しいというより、自分自身のためになるからその方が良いと思っている。
でも治療以外で、私なんかのために優しくして下さる人は多数いる。
涙が出る程温かい、そんな人たちに支えられて私は今日も生きてゆく。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-27 20:46 | カウンセリング記録 | Comments(0)

何故って…それは人間だから

懸賞 2010年 10月 31日 懸賞

明日も大学でカウンセリングを受けるのですが…
先週課せられたことは2つ。
リストカットをした時のことの記録を付けること、
そして通学中たまに速足で歩いてみること。
(セロトニンという物質が脳内に分泌されるらしい)

最近私は無意識にリストカットをするようになった。
それを主治医の先生に伝えたら、
『それは解離症状(現象)かも知れないね』
と、さらっと言われた。
…また変な症状が増えてしまった。

『あなたは、なんでリスカを止めたいと思うの?』
この間のカウンセリングで問診の後そういう質問を受けて驚いた。
『自殺、そして自殺を企てるような行為は人間としてやってはいけない』
…そんなことを主治医に言われたばかりだったから、
私はそれをそのまま返した。
でも心理士の先生はそんなに納得した様子ではなかった
きっとそれは『私自身』の意見ではなかったからだろう。

私は…心の底からリストカットを止めたいと思っているのだろうか。
私は、いつまでも左腕を滅茶苦茶にしないと生きてゆけないのだろうか。
そんなのは、絶対に嫌だ。
だから止めたい…
いつか腱を切って後遺症が残るのではないかと不安だ。
そしていつか首を切るかも知れないということも不安だ。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-10-31 21:41 | カウンセリング記録 | Comments(0)

溜息ばかりじゃ幸せも逃げる

懸賞 2010年 10月 04日 懸賞

学長先生の娘さんである、臨床心理士の先生とお話をして来ました。
少し怖かったけれど…。


*飲んでいる薬の名前を全部教えて下さい。
*腕の傷を見せて下さい
*今にも眠りそうな喋り方と目が虚ろなのはやっぱり薬のせい?
*あなたが受けたのは行動療法ではない、行動療法は今時あまり使わない。
*あなたが感じているのは幻聴や妄想ではなく真実なのでは?
*よってあなたは統合失調症ではないと思う。
*12月の介護等体験でマラソンをするのは無理があると思う
(拒食症の人は無理な運動をすると心臓に負担が来るそう)
*もし本当にマラソンをするならば今からトレーニングをするべき。
*痩せていた頃のあなたより今のあなたの方がよっぽど良い
*あなたが摂食障害に陥った原因は何?
*教師になるのに一番重要なのはまず体力。


――2時間弱話した上薬が効いていてうろ覚えなので箇条書きに。。。
主治医の先生の治療方針の話をしたら、
セカンドオピニオンをした方が良いと言われた。
でも私は今の主治医を信頼して尊敬しているから…
と、ぼそぼそ言った。
けれど幻聴、幻聴、妄想、妄想と否定され続けた私のつらい思いが、
幻聴でも妄想でもないのではないかと言われたのには驚いた。
自傷行為が止まらないのと、OD願望が強いことも話した。

…これからどうしよう。
セカンドオピニオンとして心理士の先生とカウンセリングを続けていこうか。
先生はそれでも良いよとおっしゃってくれた。
ただ、そうするなら主治医にカルテを貰って来て欲しいと…。
それを主治医は快く引き受けてくれるのだろうか…?
あと介護等体験でマラソンをしても大丈夫かどうかの診断書も貰って来て下さいと
学務の方に言われた…

…なんだかもう本当に疲れた。
それと大学側のフィルタリング・システムの設定で
私のメールが迷惑メール扱いになっており、
先生が見ていなかったことが判明。
あんなにつらくて何度もしたメールが迷惑メール扱いになっていたとは…
解決して良かったけれど……切ない
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-10-04 20:55 | カウンセリング記録 | Comments(2)