カテゴリ:歌の世界 詩の世界( 3 )

懸賞 懸賞

36時間に来ませんか

懸賞 2016年 05月 31日 懸賞

ゆっくりゆっくり哀しみは癒えるだろう。
大切に大切に愛する人と歩くだろう。
恐る恐る人は変わってゆけるだろう。
ゆっくりゆっくり痛みの膜ははがれる。
優しく優しく大切な人に尽くすだろう。
休み休み呼吸は深くなってゆけるだろう。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-05-31 11:32 | 歌の世界 詩の世界 | Comments(0)

ピアニシモで歌って下さい

懸賞 2016年 01月 28日 懸賞

みゆきさんは基本地声が大きいらしく、
寄宿舎では名指しで良く怒られていたそう。
歌手デビュー後も大きな声で歌っていた。
でもなかなか成功せずにいた。
…そんな時、ある人から、

『小さな声で歌ってみないか』

――と、言われ、どうしたら良いものかと思ったみゆきさん。
色々模索したらしい。
そして今になって、こんな曲を作った。

『ピアニシモ』(一部抜粋)

~前略~

『喚かなければ届くものじゃない
がならなければ振り向きもされない
なのにあの人が私にリクエスト
ピアニシモで歌って下さい
ピアニシモで歌って下さい
大きな声と同じ力でピアニシモで歌って下さい』

~中略~

『それしか言わないあの人は言わない
戸惑った私はあの人を憎んだ
屈辱のようで腹を立てていた
仕返しのように小さく歌った』

~中略~

『あの人に逢えるなら伝えたい
あの人はもうこの街にいないから
私はピアニシモで歌っていますと
でもたまにはフォルティシモでも歌いますと』


――この曲を歌う時、みゆきさんは
もう会えない『あの人』に
『ありがとう』の気持ちを込めるのだと言っていた。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-01-28 14:58 | 歌の世界 詩の世界 | Comments(0)

命の別名

懸賞 2015年 11月 09日 懸賞

知らない言葉を覚えるたびに
僕らは大人に近くなる
けれど最後まで覚えられない言葉もきっとある

何かの足しにもなれずに生きて
何にもなれずに消えてゆく
僕がいることを喜ぶ人がどこかにいて欲しい
石よ樹よ水よ僕よりも
誰も傷つけぬ者たちよ

繰り返す過ちを照らす灯をかざせ
君にも僕にも全ての人にも
命につく名前を『心』と呼ぶ
名もなき君にも名もなき僕にも
[PR]

by xxxRingxxx | 2015-11-09 17:32 | 歌の世界 詩の世界 | Comments(0)