<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

顔のないのは私

懸賞 2010年 11月 30日 懸賞

私は幻に包まれて生きている。

見えるものも、聞こえ来るものも、想うことも、
全て幻なんだ。
姓と名のある私というこの存在すらも、幻なんだ。
誰にも見えやしない、誰にも聞こえやしない、誰にも想われもしない。
そして私も誰も見ない、誰の言葉も聞こえて来ない、誰のことも想わない。

存在するものは全て幻。
感情が、見えて来ない

…私って、一体誰?
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-30 16:35 | 自分自身を赤裸々に。。。 | Comments(0)

あの日のように全霊で

懸賞 2010年 11月 28日 懸賞

私は本当に音楽が好きなのか、たまに自問自答するが、
実はそうでもないような気がしているのが今日この頃。
2年生の、しかも私のいるコースは音楽基礎科目や音楽学特殊講義よりも
教師論等教職関係の授業が多いせいもあるのかな…
最近あまり音楽について考えない。
ピアノなんて滅多に触らないから埃をかぶっている。
みゆきさんは別だけれど学内演奏会も聴きたいと思わないし、
人が多いところはやっぱり怖い。

私が一番音楽が好きだったのは中学生の頃だろう。
一番心が荒んでいた、けれど音楽だけは好きだった
それに毎日ピアノの練習をしていたと思う。


今は単位や将来や体調のことばかり考え過ぎて、
私は何を学んでいるのかという大切な意識が薄れているような気がする。
それに心の奥の奥では看護大学に行きたいとも思っているし。
私は音大生の名を語るにはまだ早いだろう
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-28 18:22 | 音楽と共に。。。 | Comments(0)

優しささえ毒になる

懸賞 2010年 11月 27日 懸賞

カウンセリングの記録も残しておこうと思います

…私は以前地元の心療内科クリニックでもカウンセリングを受けていたことがありました。
まだ今の大学病院に通う前、中学2年生~高校1年生の頃の話。
そこの心理士の先生はかなり優しかった…
優し過ぎて、あなたは何も間違っていないよと私を常に肯定した。
けれど、それが私には駄目だ、このままではいけないとある日思った。
そしてその日から徐々に通うのを止めていきました。
私は、これではこの先生が言うように『私』が一番正しいと思い込んでしまうと思ったから。

今、私は大学でカウンセリングを受けています。
心理士の先生は学長先生の娘さんです。
あの先生は怖いと人伝で聞いていたから、最初アポを取る時は勇気が要った。
でも私にとっては怖くないです。
むしろ、はっきりと意見を言って下さる方が私には良いと思うのです。

ただ…私の主治医の先生とは全く意見が異なる。
主治医は絶対に食事制限や体重を落とす行為はするなと言う。
けれど心理士の先生は、それで私が自信が持ててつらくないのならば、
少しの食事制限と運動等で痩せていきましょうと言う。
そして
『あなたの言っていること(笑われている等)は全て妄想です』
…主治医はそう言うが、心理士の先生は一切『妄想』という言葉は使わない。
私はどちらを信じてゆけば良いのか、時たま混乱する…。

私は治療の面では自分に厳しく当たってくれる人の方が嬉しい。
嬉しいというより、自分自身のためになるからその方が良いと思っている。
でも治療以外で、私なんかのために優しくして下さる人は多数いる。
涙が出る程温かい、そんな人たちに支えられて私は今日も生きてゆく。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-27 20:46 | カウンセリング記録 | Comments(0)

醜い心、醜い私

懸賞 2010年 11月 26日 懸賞

カウンセリングでした。

教師に必要なのはまず体力。
これは色んな人からずっと言われ続けている言葉。。。
そして運動を継続して痩せる、それなら良いじゃないと心理士の先生はおっしゃる。
それなら綺麗に痩せられるわよ、と。

でも、それは違うんです…
先生もきっとそれはわかっているはず。
病的に痩せたいんです。
そうじゃないと私は生きていてはいけないんです。
痩せて、衰弱して死ねるなら本望なんです…
薬なんか飲んで死ぬより、電車に飛び込んで死ぬより、よっぽど幸せだ。

…そうすればきっとみんな元気になるよね?
私のせいで具合の悪い人もいなくなるし、
もうペックも何も起こらなくなるよね?
主治医の先生も少しは仕事、楽になるよね?
私が全ての人の負担になっているから…

私の思考、やっぱり歪んでいますか…?
自分ではわからないんです。
誰か教えて下さい…。
この複雑に屈折した想い、ひとまとめにして『精神病だから』と言うのなら、
私は哀しい。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-26 21:00 | 摂食障害と私 | Comments(4)

二度と変わらない笑顔

懸賞 2010年 11月 24日 懸賞

今、生まれ来る新しい命。
今、去ってゆく哀しい命。

最近、やっくんが私を呼んでいる夢を見る。
一時期やっくんのお母さん(つまり叔母さん)の声で、
『お前が殺した!』
何度も何度もそう聞こえて来て、その度私はただただ言う
『ごめんなさい』
…それだけ。

やっくん、お爺ちゃん、天国ってどんな感じ?
夢で私を呼んでも、私はきっとまだそっちには逝かないと思うよ。
毎日死の境目に立とうかと揺らぐけれど、せめて3月までは生きるよ。
でも、逢いたい…
定期入れの中のやっくんは、いつでも私に笑いかけている。
私は涙ながらに微笑み返す
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-24 19:06 | 日々想うこと | Comments(0)

同情するならお金でなくて

懸賞 2010年 11月 24日 懸賞

教職の先生は体調不良でお休みだったのでお礼も何も言えませんでした。

今週の土曜日にある定期演奏会に、
アルバイトとして学生6人を受付等の係に募集をしていると掲示板に貼ってありました。
アルバイトなので時給が発生します。
1時間750円で、5時間だそうです

この間の分を挽回しようと思って学務で申し込んだのですが、
マネジメントの仕事をやったことのない学生が来たら譲ってあげてねと言われました。
それは当然です。
でも、募集はたったの6人か…
大学1~4年生と短大生、専攻生、研究生も含める上に
お金目当てで申し込んで来る人が大勢いそうで、
経験のある私はきっと出来ないだろうな~と思います。。。
私はお金は要らないからただ手伝いをさせて欲しい…。
そうでもしないと気が済まないよ…

そのうちに連絡が来るそうです。
出来るといいな。。。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-24 15:32 | 学校生活 | Comments(0)

逃げるな、立ち向かえ

懸賞 2010年 11月 22日 懸賞

一昨日私が書いたこと、覆して来ました。
学務部に寄って、お世話になった方に謝罪とお礼をして来ました。
『気にしないで、身体大切にしてね』
そうおっしゃって下さいました

…『気まずいから会いたくない』
という逃げでなくて、きちんとお礼を言えばきっと伝わるだろうと思って。。。
水曜日、教職の先生の授業にも出ます。
そこでしっかり目を見て言います
『この間はご迷惑をお掛けしました』。
出来れば担当ではない次の実習にも出して欲しいと頼んでみようと思います。
一昨日は何も仕事をしていなかったので。


私が逃げていたら、相手も私から逃げていくのではないかな。
もし誰かに迷惑を掛けたなら、もう会いたくないと逃げないで、
ちゃんと謝ってお礼を言う。
私が出来ることはそれくらいしかないのかも知れないけれど、
それはとても大切なことだと思うから。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-22 15:48 | 日々想うこと | Comments(6)

私の頬は濡れやすい

懸賞 2010年 11月 20日 懸賞

哀しい。
悔しい悔しい悔しい悔しい…
お願い、もう一度だけ時を今朝に戻して。
そうしたらきっと私は笑って実習の仕事が出来るから…
誰も困らせないような、健全な私になれるから…

…もう教職の先生の授業には出たくない。
学務部にも寄りたくない。
気まずい。
誰にも会いたくない。
いっそ学校なんか辞めてしまえば毎日楽なのかな。。。
それとももっと別のところに逝ってしまえば。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-20 21:09 | 心の叫び。。。 | Comments(2)

迷惑の塊と化して

懸賞 2010年 11月 20日 懸賞

中高大短大合同の『合唱の祭典』での、
音楽マネジメント実習でした。
11時半から16時半まで。

チケットもぎり、プログラム渡し、影アナ、録音の役割分担の際、
教職担当であり演奏会統括であり且つコース専任の先生が
『ミキサー室での演奏録音の仕事に1人欲しいんだけど…
我々の中では○○さん(私)に想定してあるんだけど、良い?』
その理由が、
『座って出来て楽だから』。
…先生、ご配慮ありがとうございますの一言。

そしてミキサー室でまた過呼吸を起こした。
仕事なんてそっちのけ。
学務の学生課の方が何人か来て、車椅子で保健室に行った。
大学入学後の保健室、これで2度目。
教職の先生は、もう仕事は良いから保健室で寝ていて下さいと無線で言って、
私をホールの方へは行かせなかった。
(学校とホールは別のところにある)
これはもちろん非情なのではなく私の身体を気遣ってのことと学務の方は言う…。
けれど…哀しくて悔しくて泣いた。
結果学務の方を余計困らせた。
そしてしつこく頼んで最後の全体合唱、
ヴェルディのオペラ『アイーダ』より『凱旋での大合唱』だけは聴けた…。
その後親が来て片付けもせずすぐ帰らされた。


…私は今日、何のために実習に行ったの?
最後の実習だったのに…
この心身、本気で憎い…
みんな死ねば良いのに、と昨日カウンセリングで泣きながら言ったけれど、
本当に死ねば良いのは私1人しかいない。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-20 18:17 | 音楽と共に。。。 | Comments(0)

診察、頑張った。

懸賞 2010年 11月 19日 懸賞

病院で、勇気を出して聞きました、あのこと。。。
返って来た言葉は、
『そういうプライベートなことには答えない』
…でした´`;

今日は私が7時過ぎからの最後の患者だったので、
結構長いこと診察をしてもらいました。
途中何度か泣いたけれど…。

明日はマネジメント実習があり、人前に出るのが怖いと私が言うと、
先生は
『私も学会発表とかで緊張する場面が結構あるんだけど、
そういう時は自分の一番気に入ってる高い服にアクセサリーも沢山付けて、
ばっちり化粧して行くんだ。
そうすると他人が見ている私は本当の私じゃなくて、化粧をしている私になるでしょ。
化粧をすると自分が如何にも美人だって暗示が掛けられているみたいで自信がつくし、
あなたが言っているみたいに人から笑われてもそれは本当の自分じゃないでしょ?
明日は、お母さんに綺麗に化粧してもらいな』
とおっしゃった。

そしてもう一度、
『先生は仕事をしていてつらくないんですか、心配じゃないんですか?』
と聞くと、
『患者を心配したことは殆どない。
でも仕事をしていて嬉しいこともあるよ。
外来を卒業する人がいたり、デイケアから就職出来たりした人がいる時』
と、医者らしい答えが返って来た。
『医局のみんなは全員、あなたは大学に進学出来ないと思ってたってさ。
でも大卒はメリットになるから、ここまで来たら辞めないでいた方が良いよ』
そうもおっしゃっていた

処方箋を印刷して貰った後、
『私も診察の時は上手くいくように好きな服を着て来るんです…』
そう言った私に先生は
『いつも可愛いなと思って見てるよ。
ゴスロリ系好きだよね、そういう服着てる女の子嫌いじゃないよ』
と言って下さり、少し笑顔で診察は無事終わりました。
゚*o。o。o*゚☆゚*o。o。o*゚☆゚*o。o。o*゚☆゚*o。o。o*゚☆゚*o。o。o*゚
大学のカウンセリングの方は涙まみれで心理士の先生を困らせ全然駄目だったのですが、
今日は診察が上手くいったので良しとします。。。
[PR]

by xxxRingxxx | 2010-11-19 22:40 | 通院記録 | Comments(0)