<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

『命』へのプレゼント

懸賞 2012年 11月 30日 懸賞

通院日でした。

先週、あの感情をあまり表に出さない主治医が、
帰り際私の方をぽんと叩いて
『しっかりね』
と呟いた…。
リングのことでぼろぼろだった私に。
涙止まらず何も話せなかった私に。

今日もリングの話で終わった。
また私が最後の患者だった
泣くのは構わないと先生はおっしゃった。
時間が解決してくれるよと。

先生は色々な例を出して動物の死を諭してくれた。
神様は生き物におまけをつけてくれることがある。
リングの場合、後3ヶ月と言われてから4年生きたことなど、
神様はその4年間をリングにプレゼントしてくれたんだよと。

『先生はペットロスになったことがあるんですか?』
と、私が尋ねると先生は
『そういうこと言われるとさぁ、
私すごく不愉快になるんだよね。
ペットロスになってなかったら、
○○さんのつらさなんかわからないくせにって思うの?』

…先生、やっぱりちょっと怖い。
でも本当は優しいの、同じ『ねこ好き』だから。
繋がっていられる気がするの。
状況によるけれど、1時間も診察して下さる先生って、
そんなにいないと思う。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-30 23:04 | 通院記録 | Comments(0)

音を楽しめない今

懸賞 2012年 11月 28日 懸賞

私、本当に、音楽が嫌いになった。

みゆきさんの歌は大好き。
でもピアノや楽器の音は大嫌い。
歌いたいとも思わない。

音楽から離れたい。
小学生だった私の、『音楽教師になる!』
中学生だった私の『毎週の音楽の授業が楽しみ!』
高校生だった私の死に物狂いの頑張りで、『音大に行く!』
そして大学生の2年間…。
何を頑張ってそんなに音楽に関わらなければ
いけないのだろうかという冷めた感情…。
心から楽しみながら出来ること、他にないのかな。。。

大学は来年も休学すると思う。
それか、多分辞める。
もう無理だ。
先生方の優しさだけが、私を救ってくれるのかも知れないけれど、
実際今のコースのメンバーで私の性格上戻れるとは思えない。
みんな知らない人ばかり。
また1からやり直し。

音楽から離れたい。
…今、私は別の夢を持っている。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-28 18:03 | 音楽と共に。。。 | Comments(2)

みーたんコンサート

懸賞 2012年 11月 22日 懸賞

書くのを忘れていたわけではありませんが、
14日リングが逝った次の日、
私と母でみゆきさんのコンサート『縁会』に行って来ました。
『ジェットコースターコンサートですよ~~』
と、みゆきさん。
舞台セットも何だかもう何とも言えない。
工事現場みたい…

『風の笛』では、みゆきさん自身が笛(ホイッスル)を吹いた。
でも『時代』はきつかったな。。。
今はこんなに哀しくて涙も枯れ果てて…。
泣いてしまった。

最後はまた瀬尾さんと握手と会話が出来ました。
私は最初に行った2010年コンサートと夜会2/2と、
そして今回のコンサートと、
3回共同じ濃い水色と黒のちょっと奇抜なコートを着ている。
そして3回共瀬尾さんに『楽しかった?』と聞かれました。
なので覚えていて欲しいな~なんて、
かなり自意識過剰な思いになったりもしました…。

けれど心から楽しめなかった。
もちろんみゆきさんも素晴らしいけれど、
家族がいなくなった哀しさを吹き飛ばすことは出来なかった。
次のコンサートか夜会、楽しみにしています。

…ここではみゆきさんみゆきさんと書いているけれど、
我が家では中島みゆきさんのことを『みーたん』と呼んでいます…。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-22 21:57 | 拝啓 みゆき様 | Comments(2)

出逢いと別れを繰り返し

懸賞 2012年 11月 18日 懸賞

リングは先日亡くなりました。
とても大好きだったリング…。
家族みんなで泣きました。
陰膳をして、ペット霊園に納骨しました。

そして今日、新しい子猫をもらいに行きました。
どうしてもねこが3匹いない哀しさと寂しさが耐えられず。
ねこを里親募集している方何人かに父が電話をして、
巡り逢ったのが生後3ヶ月のキジトラのねこです。
名前は『ラン』にしました。
まだリングの初七日も終わっていないのにもう新しく飼ったのかと
非情と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、
私たちの心の支えになるならば、
ランは必要不可欠です。

ただランは、獣医さんでも洗濯網に入れないと抱っこが出来ず、
私たちもまだ直接触ったことがありません。
毛並みも艶も、顔も布に隠れて良く見えません。
すごく警戒しています…。
どうしても警戒が酷くて飼えないようなら、
また病院に返してもらっても良いですよと先生はおっしゃっていました…

愛を知らず慈しまれたことのないねこ…
慈愛を知らないねこには優しくされるのも恐怖…

早く心を開けてあげて、またリングのように可愛がろう。
もちろんリングのことは忘れないから、虹の橋から見ていてね。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-18 21:10 | ランちゃんと一緒! | Comments(0)

共に歩んだ13年間

懸賞 2012年 11月 14日 懸賞

リンちゃんと一緒にリンちゃんの病気と闘い、
リンちゃんと一緒にリンちゃんの死を見つめた。

…あんまりにも哀しいことだから
ブログに書くのもつらいけれど、
今日という日を忘れてはいけない、
逃げてはいけない。
これから私の心がどう変化してゆくかはわからないが、
リンちゃんのことは忘れない、一生。
b0203808_19532722.jpg

リング13歳10ヶ月、11月14日逝去。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-14 19:53 | リンちゃんと一緒! | Comments(2)

まだ泣かない、まだ泣かない

懸賞 2012年 11月 11日 懸賞

リングが末期だ。
これは誰が見てもあと何日も持たないと思う。

足腰も弱り、トカゲのようになって歩いている…
フローリングを滑るように。
何も食べていない。
水だけで生きている。
ダンボール箱の中で、ずっと寝ている。
眠るのは構わない。
ただ、そのまま起きなくなってしまうのは嫌だ…。
嫌だと言っても、私に出来ることはない。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-11 21:49 | リンちゃんと一緒! | Comments(0)

再びサイレン…

懸賞 2012年 11月 10日 懸賞

昨晩また夜に具合が悪くなって救急車。。。
呼吸が上手く出来なくなって…

当直医が大学病院に入院していた時に
主治医になって下さった男の先生だった。
私はそういう面ではついているのかも知れない
この間は病棟長の先生だったから…

検査は異常なし。
ICUに一晩入院。
途中暴れたので四肢拘束と点滴。
以前の個室のICUではなく、
大部屋だったので色んな機械音がして殆ど眠れなかった
モニターなどの音が怖かった

立て続けに…
何が原因なのだろう…
本当はわかっているのだが。
リングのことがかなりストレスになっているみたい…。
エサも水もあまり受け付けず、
どんどん痩せこけていくリングのこと。
私は上手く言葉に出せない分、
身体に影響が出て来ると主治医の先生もおっしゃっていたな…
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-10 19:55 | 入院記録 | Comments(0)

『もう治療はいらない』

懸賞 2012年 11月 03日 懸賞

旅行は中止になりました。
獣医の先生が宣告した『2週間後』が、
丁度旅行の時期にかかっていたし、
家族で色々話し合った結果
リングが末期状態なので看取ることになりました。
今は、歩くのもきつそうな状態。
もう何日も持たないでしょう。
これ以上補液(太い注射2本)をしても数値は下がらないだろうし
最初の頃は大人しく注射に耐えていたリンが
最近治療中暴れ出すようになり、
それに対し先生は

『もう治療はいらない』

…リングはそう言っているのではないかと。
痙攣を起こしたりするか、眠るように逝くか…
どちらにせよ、もうすぐ時は来る。
私は、覚悟する。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-03 18:22 | リンちゃんと一緒! | Comments(2)

みんなの音楽は好き

懸賞 2012年 11月 03日 懸賞

今日はコースの演奏会に行って来た。
みんな元気そうだったから良かった。
演奏も上手だった。
今、私は音楽が嫌いだけれども、
コースのみんなが奏でる音は綺麗に聴こえた…。
最後に4年生で記念撮影。
今は卒論が大変らしい…
もう一度更新します。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-03 18:15 | 音楽と共に。。。 | Comments(0)

哀しいお約束

懸賞 2012年 11月 01日 懸賞

今日は、無理矢理デイケアに行った。
強い鎮静剤がまだ残っていたためふらふらしていて、
母に止められたが無理矢理行った…。

女性の看護師さんに一昨日のことを話したら驚かれ、
即スタッフさんに伝達。
あまりにも朦朧としていたため、
一度院長先生に診てもらいましょうということになり、
少々診察。
薬を沢山飲んだわけではないと看護師さんが伝え、
窓辺で寝かせてやってということで横になっていた。

母が迎えに来て、スタッフさんから私にお話。

『これから体調が落ち着くまで、
デイケアではお母さんと一緒にいて下さい。
院長先生のご指示なので、
それが出来ないと受け入れることが出来ません』

…哀しかった。
色々言われたけれど、これ以上は書かない。
書けない。
[PR]

by xxxRingxxx | 2012-11-01 22:41 | デイケア記録 | Comments(0)