<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

切り裂けば楽になるから。

懸賞 2013年 04月 25日 懸賞

カッターを、1本下さい。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-25 20:39 | 心の叫び。。。 | Comments(0)

遠く見つめるその道筋は?

懸賞 2013年 04月 23日 懸賞

病院。

あと3ヶ月、外来で様子を見てみたい。
…主治医がそう言った。
生活記録表を付けるように言われた。
もしその3ヶ月の間に私の入院が決まっても、
順番が飛ばされる。

3ヶ月とは言っても、どうしても駄目だってなったら相談に乗るから。
そうも言った。
……だったらさっさと病棟に入れてよ!

わけのわからないことばかり。
私自身の気持ちだけがどこかに失せてしまっている。
どっちが医者だよ。
どっちが患者だよ。
どちらの意見が尊重されるべきなのか、教えてよ。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-23 20:04 | 通院記録 | Comments(0)

Help...

懸賞 2013年 04月 18日 懸賞

大学病院の病棟に、重症の救急患者がどんどん入って来ていて、
空きの見当がつかなくなってしまったと主治医は言った。
先週は2週間後という話だったけれど、それどころじゃないらしい。

明日丁度主治医が専門病院に行くので、
その時病棟の空きがあるか私がいつも入院していた
E3の病棟チーフの先生に聞くと。
そして月曜日の朝、僕に電話してと。

両親は大学病院が空くまで待てるなら待った方が良いと言った。
何故なら今の主治医が病棟にいるため、
薬の指示や治療の指示を間接的に出せるから。
でも今の私は待っていられるくらいのものなら
入院なんてしなくたって良いと思っている。

専門病院のスーパー救急は基本毎日入退院がある。
病棟チーフの先生も、次また入院することになったら
わたくしが主治医になると約束しますわとおっしゃっていた。
…油断するからわけがわからなくなるんだ。

もうどこでも良い、助けて。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-18 21:31 | 通院記録 | Comments(2)

言葉にならないSOSの波

懸賞 2013年 04月 16日 懸賞

明日が見えない…。

2週間後くらいにベッドが空くと主治医は言っていたけれど、
それまで私はどうやっていれば良いのかわからない…。
大体本当に入院するのかもわからなくなって来た。

『リンのところに逝け!!』

…父の声。
私の父は絶対にそんなことを言わない。
けれどそう聞こえる。
一番言われたくない人の声で、
一番言われたくないことを言うのが幻聴…。

調子が悪い。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-16 14:44 | 心の叫び。。。 | Comments(0)

白黒ばかり。灰色は?

懸賞 2013年 04月 16日 懸賞

私は、逃げているのかも知れない。
入院予約を一応入れたけれど、
次の診察で何を言われるかがわからない。

本音を言えば、どこかに
『入院したら少しは良くなるのではないか』
…そんな思いがないということを否定出来ない。
そして精神科の病気は、完治して退院出来るものではない。

入院するのか、先生が取りやめるのか…。
木曜日までわからない、何もわからない。
あまり考えないようにしているけれど倒れそうだ。

誰の声も聞こえない。
不安で不安で仕方ない…。
b0203808_11175515.jpg

宙ぶらりんなのが一番怖い。
結論を急ぐのも私の悪い癖。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-16 11:14 | 日々想うこと | Comments(0)

連れ添った手が離れてゆく

懸賞 2013年 04月 15日 懸賞

たまには学校の話でもしましょうか。。。

私の通っている音楽大学では、
ピアノ、声楽、管弦、打楽器、古楽コースと、
もう一つ特殊?なコースがあります
(正式名称を出すと大学がわかってしまうので悪しからず)
私はそのコースの、『音楽教育学』というところに、
一応今でも籍を置いています。
今はもう何人いるのかはわからないけれど
他のコースよりは人数が少なく、アットホーム的な感じです。

…そしてとにかく論文を沢山書き、
みんなでそれぞれの意見を言い合ったり、
指定された本を読んで感じたことなどを書きます。

――夢は捨てた。
簡単に捨てられる程軽い夢ではなかったけれど、
私には無理なことなのだともう自分で悟った。
だから音楽は『今は』嫌い。
和声も音楽理論もピアノも全て忘れてしまった。
以前のようにすらすらと論文も書けず、
どんどん文章力が落ちているのを自分でも感じる。

いつかまたミューズが私のもとへ舞い降りて来るのを待とう。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-15 13:37 | 音楽と共に。。。 | Comments(0)

風の笛のレクイエム

懸賞 2013年 04月 12日 懸賞

あの時あいつらを殺していたら、
私は今どうだったでしょう。
私は退学どころか殺人犯になる。
そして一生を棒に振る。
近寄って平手打ちぐらいをするようだったら
出来たかも知れないけれど、
それが私には出来なかった。
鞄の中にはカッターが潜んでいた。
エレベーターの中、散々言われて、
けれど黙って耐えていた。

あいつらを殺すように、傷つけるように、
私はあいつらでなく逆に自分を傷つけていた。

あの学校、私は良いと思うけれどあんな生徒がいたんじゃ
哀れだね。
自分が何をして、誰をどう傷つけているか『自覚』してなんかいない。
建学の精神でも何でもない。
でも、それが全般的に学校というものなのだろう。
いじめがあったり、贔屓があったり、嫉妬があったり、
不登校だったり。
私はあの学校が好きだから学校自体のことはあまり悪くは言わない。

嗚呼やっぱり、一発手を出しておけば良かった。
きっと今あいつらはぬくぬくと学校生活を送っているのだろう。
嘲笑する相手がいなくなって残念だね。
それともまた違う人を傷つけているのかもね。


……私はこんなに弱かった?
相手は高校生だよ?
けれど所詮私なんてそんなものだよ。
私は大人しそうな顔をしているかも知れないけれど、
心の中は真っ黒だよ。
真っ黒で、傷だらけだよ。


『言葉に出せない想いのために お前に渡そう風の笛
言葉に出せない想いの代わりに ささやかに吹け風の笛』
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-12 09:34 | 心の叫び。。。 | Comments(0)

12度目の入院

懸賞 2013年 04月 10日 懸賞

昨日臨時で診察を受け、入院が決まった。
解離が酷いのと幻聴幻視の悪化。
私は混乱していた。
混乱して、

『○○先生(主治医)、家に来て見て下さい、
家は虫だらけなんです。
私の身体にも虫がいるんです。
だから虫下しを出して下さい!』

そんなことを言って、しょっちゅう倒れていたら
とうとう入院になってしまった。
でも、
『解離が良くなってくれば入院しなくても良いよ、
どんなに具合が悪くても1ヶ月経ったら出すからね』
…期間は1ヶ月らしい。
病院に依存しないようにだと思う。
『○○さん(私)は閉鎖じゃないと駄目だ。
あと2週間くらい待って』
とも言われた。

『薬も今あまりにも飲み過ぎだから入院中に減らすから。
僕は(病棟長だから)直接主治医にはなれないけど、
こないだの入院の時の先生が5月までいるから
その先生を主治医にして、僕は指示はちゃんと出すから。


主治医が代わって私はまだ慣れないけれど、
両親はかなり好印象を持っているらしい。
『キツネ目の女』
と父が言っていた、
あの先生だったら入院にはならなかったろうに…。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-10 09:29 | 入院記録 | Comments(0)

しっかりして、聞こえる!?

懸賞 2013年 04月 04日 懸賞

…タイトル通り、最近道で倒れてしょっちゅう救急車で運ばれている。
そしてずっと意識レベル300である…。
(後から聞いた)

…今日は、新しい主治医の先生の診察だった。
初めてなので怖くて仕方なかったけれど、
思ったより、というか前の主治医の先生がおっしゃっていた
『あっさり診察』
でもなかったし、ちゃんと話を聞いて下さった。
『前の先生ほど長い時間はとれないけど…
2回に1回くらいは、両親の話も聞かせてもらいたい』
とおっしゃっていた。

その後商店街で倒れ、病院に搬送され逆戻り…。
本当の診察は木曜日だけれど、
調子が悪かったら火曜日に来ても良いよということだったので、
当直医が来週の火曜日に予約を入れたらしい。
(主治医は外来だったので救急には来なかった)

ここのところ調子が悪い。
本当は今日もデイケアに行くつもりだったのに。

措置入院の話も出ていたみたいだけれど。
入院で良くなるなら…。
いや、甘えていては駄目だ。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-04 16:43 | 通院記録 | Comments(4)

我ら明日無き者よ

懸賞 2013年 04月 03日 懸賞

夕食時、ニュースで大学の入学式の映像を観て、
涙がこぼれた。
両親はそれを察して慌ててテレビを消したが、
私の心には哀しみしか浮かばなかった。

私だって、ちゃんと学校に行けていれば
今頃社会人になれたかも知れないのに。
私の性格上無理のある仕事も多いだろうけれど、
もしかしたら、もしかしたら…と。

私には今2つの居場所がある。
家と、デイケア。
あのデイケアに通い始めて本当に良かったと、
教えて下さった前の主治医と
通所を認めてくれた両親、
そしてお世話になっているスタッフさんに
心から感謝している。

休学していてもメールを下さったりする先生方にも
もちろん感謝している。
以前の入院中、たった一言
『つらい』
…コースの教職の先生にそうメールを送った。
本当につらくて甘えた。
誰でも良いから助けて欲しかった。
焦らないで、と返って来た。

それなのに私は何を求めているのだろう。
心優しい人たちに囲まれて、
こんなにまで恵まれているのに。
どうして人と比べてしまうのだろう。

明日は新しい主治医の診察。
どうなるのだろう。
その不安もあって調子が悪いのかも知れない。
[PR]

by xxxRingxxx | 2013-04-03 19:57 | 自分自身を赤裸々に。。。 | Comments(2)