<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

強面揃いの男医者

懸賞 2016年 02月 23日 懸賞

初、外来長の診察。
先生はわざわざ呼びに来て下さった。
けれどいきなり、

『じゃ、体重測ってくれる?』
『嫌です!』
『え…??
いやでもほら、クロザピン使ってる人は毎週測らなきゃ』
『絶対嫌です!!』
断固として抵抗していたら、
元病棟にいた、現在受け付けのベテラン看護師さんが来て、
『○○さんは体重測ると駄目になっちゃうから、
測らなくて良いって主治医の先生が』
『あ、そうなんですか。
じゃあいいです…』

そんなやりとりで結局体重は測らなかった。
良かった。。。
『1測り3ヶ月』
になる可能性があるし、
体重は絶対測りたくない。

初めて個人的に話した外来長の先生は、
顔は少し怖い?けれど穏やかな声で優しかった。
『隣の芝生は青く見える』
そんなことわざ通り、
主治医より何だか良い気がした…。


そんな主治医の病棟長も、
入院中に出会ったある人に言わせれば、
『暴力団組長みたい』

――まさしく名字もビンゴね。。。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-23 16:53 | 通院記録 | Comments(2)

背は低くとも迫力が。

懸賞 2016年 02月 22日 懸賞

明日は主治医がお休みのため、
外来長(元・医局長)の診察。。。
私を保護室に入れたこともあった先生だし、
殆ど話したこともないし、
何だか怖い気がする……。
別に相談したいこともないから適当にやり過ごそうかな。


今、何故かコメントの返信投稿が出来ないので、
すみませんが明日まとめてお返しします。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-22 18:33 | 徒然なるままに。。。 | Comments(0)

痩せてる場合じゃないんだけどね。

懸賞 2016年 02月 20日 懸賞

今もまだ病魔が離れない。
本当の私は何処に隠れているのだろう。

でも、きっと大丈夫。
あの頃を乗り越えられたのだから。
あの頃からずっと耐えて来たのだから。
b0203808_10511590.png
痩せていることが幸せ?
……いいえ。
私は今、必要とされていることが幸せ。

病気に負けたくない。
負けない。
どんなに細くても、自分が嫌いじゃ駄目だよね。
気持ち切り替えて頑張ろう。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-20 10:52 | 摂食障害と私 | Comments(4)

付きまとう恐怖の影

懸賞 2016年 02月 18日 懸賞

得体の知れない恐怖に怯えている。
電話が怖い。

私が築き上げたものが一気に崩されるのではないかと。
私のいる意味がなくなってしまうのではないかと。


私はひとりでやっていきたい。
完全なるエゴだけれど。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-18 15:24 | 心の叫び。。。 | Comments(0)

ありがとうの気持ちを込めて

懸賞 2016年 02月 15日 懸賞

今日でデイサービスに行くようになって丁度1カ月。
とても充実した時間を過ごしています。
学ぶことも多いし、自分でも気付かなかった自分が見えるようになりました。
こんな私でも、少しだけれど役に立てていると良いな…。
b0203808_20553869.jpeg
昨日はバレンタイン。
感謝の気持ちを込めて。

[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-15 20:50 | 傾聴ボランティア | Comments(4)

『大丈夫?』を言う相手

懸賞 2016年 02月 09日 懸賞

ここのところ少し体調が悪くて
デイサービスを早退してしまうことが何回かあった。
相談員長さん(女性)は具合の悪い利用者さんがいれば
優しい言葉で看てあげているけれど、
私にはそうではない。
それが不満だという話ではなく、

『私はもう大丈夫なんだ』

…そんな気がした。

今まで体調を気遣ってもらってばかりいた私が、
他人に
『少し顔色が悪いみたいですけど大丈夫ですか?』
『最近寒いですけど大丈夫ですか?』
など、
『大丈夫?』
と聞くことが増えたし、それも苦ではない。
中高大時代、そして病院やデイケアで、
散々『大丈夫』かと問われ続けた私。。。
今度は私の番だ。


今まで私がいた甘い甘い世界から、
一歩社会に近づけた気がする。
結論、世の中そんなに甘くない!!

[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-09 12:28 | 傾聴ボランティア | Comments(0)

言葉はエナジードリンク

懸賞 2016年 02月 05日 懸賞

…今日の私は『サナエちゃん』でなく、
『シホちゃん』だった。
相変わらず熊本から一人でここまで来た設定らしく、
旅費が出せないのが申し訳ないと
同じことを何度も繰り返し言っていた。

『あなたのことが大好きなのよ』
『来てくれて本当に嬉しいわ』

――そう言って下さる利用者さんが増えて来た。
私の身体の面で、スタッフさんやヘルパーさん、
所長さんには気を使わせてしまっている気がするけれど、
もっと強くなれば出来ることも増えるだろうと思う。


自慢…?
というか自己満足記事が多くてすみません。
私は、頑張っています!
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-05 19:13 | 傾聴ボランティア | Comments(4)

サナエちゃんのお仕事

懸賞 2016年 02月 01日 懸賞

先週の金曜日、デイサービスに着いた途端に
『サナエちゃん!!!!』
と車椅子に乗ったお婆ちゃんに突然言われた。
どうやら九州に住んでおられるお孫さん(サナエさん)
と私の髪形や風貌が似ているらしく、
完全に勘違いしているようだった。

『サナエちゃん、どうしてここがわかったの!?
1人で来たの!?
お父さんお母さんは元気!?
もう結婚したの!?
今日どこかに泊まるの!?』

矢継ぎ早に質問攻め。

そして通りがかった女性ヘルパーさんに
『孫が、孫が、会いに来てくれたんですよ!!』
と言って泣き出してしまった。
後ろで所長さんは笑っているし、
私は全否定はしないようにしながらも
一つ一つの誤解を解くので必死だった。

そんな中ふと横を見ると、
口を開けて笑った顔をしている人形の口の中に
おやつのお饅頭を詰め始めている別のお婆ちゃん。
『お人形さんはお菓子食べないんですよ~~』
と言って洗う私。


デイサービスにいる時の私は、笑っている。
心から、笑顔になれる。
心から、お話が楽しいと思う。
待っていてくれる人がいる。
『また来てね』
と手を握ってくれる人がいる。

ここに、本当の自分の姿が見出せそうな気がする。
一歩が踏み出せるような気がする。
[PR]

by xxxRingxxx | 2016-02-01 15:02 | 傾聴ボランティア | Comments(4)